長崎にある四次元パーラー「あんでるせん」
に先週知人が10名ほどで行ったみたいで感想聞いてみました。

ここ、マスターが超能力者みたいで、
知人がその場にいる誰も知らない、
地元の幼少時代のあだ名を当てられて、
信用せざるを得なかったと言っていました。

みなさんが口を揃えて言っていたことは、

「行きたくて行ったんじゃない」
「来るべくして来た」

運命と言うか宿命と言うか、
未来は決まっている=自分で決めれる

みたいなことを再認識したようです。

そういうパラレルワールドの思考は好きですし、
大切にしているので、
とても興味深かったです。

私も近々、
「来るべくして来た」状態もとい、

「すでに行った」(完了形)
の状態で臨もうと思います(・∀・)b